本文へスキップします。

土屋 由布子(保育士)

土屋 由布子

社会の一員として、
誰かの力になれる場所。

「また仕事をしたい」。再び飛び込んだ保育の世界。

スタッフ画像01

学校卒業後、幼稚園に5年半程勤めました。その幼稚園の雰囲気が凄く自分にあっていて、子どものびのびしていてとても良いところでした。だからその幼稚園でずっと続けたいなと思っていたんですが…結婚し、出産を機に自分の体調の理由などもあり、途中でやめざるを得なくなってしまったんです。しばらくは、家事と育児に専念していました。
ある程度子育ても落ち着いてきた頃、また仕事をしたいなと思うようになりました。やっぱり家にいるだけだと、自分が社会から遅れていくというか…取り残されちゃうんじゃないかという気持ちになってしまって。仕事に復帰した友人達の影響もあって、自分もまたやってみたいなと思うようになりました。とはいえ子育てもしていましたし、やってみてだめだったらまた家庭に戻ろうというような気持ちでした。

まずは派遣社員として社会福祉法人の保育園に2年半ほど勤めていました。生活にメリハリも出て、それなりに楽しんでいたのですが、その頃に東日本大震災があって。その時は家から少し離れた園で働いていたので、すぐに帰れなかったという経験をしました。子どももまだ小学生でしたし、その経験から、やはり家から近いところで働きたいと思うようになりました。
インターネットで転職先を探していた時に、グローバルキッズのホームページをみつけました。読んでいくうちに、会社の方針というか、考え方や理念に凄く共感したんです。中でも「輝いた大人を魅せる」という言葉。まだまだ自分も勉強しなきゃいけないことや、経験しなきゃいけないことも沢山あるけれど、私の姿をみて、子どもが「こういう大人になりたいな」って思ってくれたらいいなって強く思ったんです。そういうことを言っている保育園って、当時は見かけなかったから凄くインパクトがあったんですよ。こんな保育園あるんだ、面白いな、共感できるなって。それが応募のきっかけですね。

思ったことは直接いいあうからこそ、良いチームができていく。

スタッフ画像02

採用されて、希望通り近くの園に配属になりました。当時オープンして2年目の園。最初は様子見でしたね。結構個性的な職員も多かったので「この人はこういう感じなのかな?」というのを見ながら動いていました。

今年、園は5年目。最初はみんな手探りだったし、数年で少しメンバーも変わりましたが、今は凄く良い雰囲気です。年月を重ねることで、園の中での価値観やカラーが統一されていったというのはありますね。もちろん、考え方の違いや意見の違いはあるんですけど、この園って思ったことを影で言わないんですよ。直接本人に言いますので。私も言う事もありますし、言われることもありますよ。でもそこは、言い方をお互いに考えますよね。言い方ひとつで、相手も「あ、そうだよね」って受け止められる。若い職員もいますが、私は最初から「こうしたほうがいいよ」とはあまり言わないです。それぞれが色々な想いを持っていますから、まずは思うようにやってもらいます。それで仮に失敗したとしたら、「じゃあ、何がいけなかったのかな」と一緒に考える。前もってこちらが安全な道を引くだけでは多分伸びないと思うんです。なので、できる限りそれぞれに自由に考えてもらうようにしていますね。
休憩中も、話したい人は話すし、1人でゆっくりしたい人はゆっくりしている。お互いのペースを尊重しているので、私にとっては心地よい空間です。でも新しい人が来たときは、馴染めないと楽しくないですし、休憩の取り方も工夫して、その人が一人にならないように心がけています。色々話しかけるようにしていますね。

 

私達がいることで、「子育てって楽しい」と思ってもらいたい。

スタッフ画像03

ここの職員は、私も含め、子育てしながら働いている職員が何人かいます。本当にありがたいなと思うのは、子どもの具合が悪くなった時や何かが起こった時に「園のことは任せてしっかり自分のお子さんのことを見てあげて」と言ってもらえる雰囲気があることです。もちろん仕事は大事だけど、家族をおざなりにしてしまうと、仕事ってうまくいかないと思うんです。結婚していない職員や、子どもがいない職員であっても、例えば大切な人や家族に何かあった時には、ちゃんと大事にしてあげてねと伝えます。もちろん、自分のことも大事にしてほしいので、体調を崩した時に無理をしようとしている職員には、自分の身体は大事にしなさいと言います。無理をしすぎたら、この仕事は続けられないですから。そうやってお互いを気づかうチームワークがあるからこそ、私は仕事ができている。この園の職員のあたたかさに、感謝の気持ちでいっぱいです。

昨年初めて0歳児を担任したことで、やはり大人の関わりによって、子どもって凄く変わるんだなとあらためて気づかされました。0歳児でも凄く大人の表情を見ているし、言葉を真似しようとしている。だから私達のやっていることって、凄く責任重大。大人の関わり一つで子どもは変わるし、大きな影響を与えるなって思って。あらためてそれを意識してから、保育が凄く楽しいんですよ。毎日子ども達一人ひとりの成長が見られますね。

子どもの成長はもちろんですけど、保護者の方が喜んでくれることも本当に嬉しい。「ありがとうございました。この園に預けられて本当に良かったです」と言って下さる方が、本当に何人もいらっしゃって。今年も0歳児の担任をしていますが、食事のことや体調のことなど、毎日のように保護者から相談をうけます。周りになかなか相談できる環境がない中で頑張っている方が本当に多い。だから私達保育士が「こうしてください」とお願いするだけだと、多分凄く負担になってしまうので「一緒にやっていきましょうね」という気持ちでいることを大切にしています。楽しく子育てもしつつ、お仕事も充実させて欲しい。「お母さん、大変だけど、子育ても頑張ってるよね」ということを言葉にして伝えることで「一人じゃないんだ」って思ってもらいたい。これからも、少しでもお役に立てたらって思っています。

あなたにとって輝いた大人とは?

スタッフ画像04

「夢をもっている人」

やっぱり、そういう人が輝いているなって思います。「こうしたい」という自分の想いに向かって、こつこつ頑張っている人は素敵ですよね。私自身も小さい夢ならいっぱいありますよ!旅行に行きたいとか、家族が幸せに暮らせる家にしていきたいとか、こんなものが欲しいなとか…。子ども達にも、大きなことじゃなくてもいいので、夢をもって大きくなってほしいですね。

上司・同僚からのメッセージ

スタッフ画像05

彼女は一言でいうと「男前」。後輩に対しても、同僚に対しても厳しいところがあるかもしれないですけど、その一つひとつの言葉に重みがあるし、決断力がある。厳しいんだけど、人の心を動かす言葉をもっている。そういう感じですかね。それは日ごろ保育に対しても、常に目的意識を持っている証拠だと思います。
彼女とは同期入社なんですけど、私と彼女は性格が似ているようで似ていないところがあって。彼女に足りない部分が私にあって、私にない部分を彼女が補ってくれている。私が施設長でいられるのも彼女がいるからだと思っていますし、いなければ多分できていないですね。こう言うと夫婦みたいですね。で、向こうは夫。なにせ「男前」ですから。本当に彼女には感謝していますね。 (施設長より)

ページトップへ