採用部佐々木です。

毎日暑いですね。本当に、暑い。と思っていたら、涼しくなったりして、なんだか気まぐれなお天気だなあとのんきに思っています。

 

先日は、採用部の国井のブログでした。最近新しく入社したパートのメンバーが、国井について

「入社して8年くらいたっているのかと思いました」

と言っていました。

 

彼女はまだ入社して2年たっていません。入社2年たたないのに、8年のオーラをただよわせる国井。とりあえず、その彼女の貫禄に恥じない内容だったと思います。

さて、そんな採用部では、今年に入ってからも、何名かあらたな仲間を迎えることになりました。

遅ればせながら、新しいメンバーの紹介をできればと思います。

 

本日は、6月に入社したあらたな仲間。

 

松元です。

松本ではありません。

松元です。

おそらく、彼の生きてきた30年ちょっとの人生の中で、「松本」と間違えられたことは一度や二度やないでしょう。

「松元」です。

 

元気の「元」。

元素の「元」。

元カノの「元」。

 

そんな彼ですが、自称、元ニートです。そういえば、元ニートにも「元」がつきますね。

それはさておき、10年近く務めた会社を辞めて、少しばかりの無職の期間があったようで、その経験をもとに、自分のことをそう呼んでいます。少し言い過ぎな気もしますが、そんな風にいうところが、彼らしい気もします。

そんな彼ですが、一見、とても「クール」に見えます。

実際入社当初から、クールな表情で冷静に周囲を見ながら、着々と仕事をすすめていく姿は、非常に頼もしい限りです。

これが普段の松元です。

この写真は、一応、笑っているものを選んでみました。

 

友人からは「ヒッキー」と呼ばれているそうです。

下の名前が「ひろのぶ」なので、「ヒッキー」なのかと思いきや、彼曰く、引きこもりの「ヒッキー」だそうです。どうやら、インドア派のようです。

そんな、クールで元ニート、引きこもりの彼だからなのか、初対面の会社説明会時から、私は「若干、警戒されているのではないか?」と思うことが多々ありました。

ある意味、初対面なのだから、当然です。

しかし、そこは仕事柄なのか、そういう人に対してこそ「何を思っているのか知りたい!」「心を開いてほしい!」という採用担当魂に火がついてしまいます。いろいろなお話をさせていただき、結果、入社をしてくれましたが、入社してからは、心を開いてもらおうとすればするほど、ますます彼が遠ざかっていく気がします。

私が何かを言っても、8割方、失笑されている気がします。

「こいつに心許したら、きっとブログにも面白おかしくかかれるに違いない」

そんな風に、警戒しているのかもしれません。悲しい限りですが、それが現実だと受け止め、これから少しずつ、テリトリーに入れてもらいつつ、彼の良さを引き出していけたらと思います。

そんな彼ですが、実は学生時代に、保育園でアルバイトをしていたことがあるそう。ちなみに、お姉さんは、保育士だそうです。

一番最初に、会社説明会で本社を訪れた彼を、本社の上にある園に案内したことがあります。元気に遊ぶ子ども達を見て、それまでクールで緊張気味だった彼の表情が、一気に和らいだのを覚えています。最終的には、自分自身の興味関心、これからどうしていきたいか、いろいろなことを考えて、グローバルキッズの一員になってくれたのだと思います。

彼自身、クールに見られることを、自分のマイナスポイントと思っているようです。

それを知りながら、散々、クールに見えると書いてしまいましたが、実は、ハートはホットな人だと思っています。

日本語的に書くのなら「熱いヤツ」です。

相手の言葉を、自分なりに心でしっかり受け止めて考えようとする姿勢や、表面的ではなく、自分の言葉で相手に届けようとする姿勢。

面接ではそんな印象を持ちましたし、それは入社しても変わることはなかったです。

今までの採用部にはいないタイプの個性をもっていると思うので、彼自身の良さを活かして活躍してほしいと思うとともに、出会いに感謝したいと思います。

 

さて、次回はそんな、元ニートで引きこもり、かつクールだけれどハートはホットでウォームな彼にブログのバトンをタッチしたいと思います。

(佐々木)