グローバルキッズ 求人・採用サイト

【八広園】GK1年目。株式の保育ってどうなのかな?

2020.2.5.

こんにちは。人財採用部の松元です。
2月3日に、節分のオニのため、グローバルキッズ八広園にいきました。


2019年4月は新規開園数が22園とかなり多かったのですが、その開園のひとつである
グローバルキッズ八広園。
都心なのに、園庭もあります★

開園したばかりの園にどうしても話を聞きたい!!ということで、我が家から1時間半かかりましたが
オニ役を立候補し、園のお話もお聞きすることができました。

どんな縁でグローバルキッズに入社することになったのかや、
新規園を開設してみての感想や、グローバルキッズの良さをお聞きしました!

以下
松元⇒マ
園長先生⇒園

マ:今日はよろしくお願いします。
転職されて1年が経とうとしていますが、どうして転職しようと思ったんでしょうか?

園:実は最初は本気で転職しようとは思っていなかったんです。主任から園長を任されてから1年目の年でしたが、
業務量がとても多かったことと、同じ会社で数年経験し、他の会社(園)もみてみたいなと
考えていた時に、たまたまグローバルキッズをネットで見つけました。

確か、土曜日の園見学に参加したのですが、そこで感じたのは「すごい!!」でした。
保育室には、子どもの成長に合わせた椅子や机を用意されていて会社全体で統一されていたり。

ブロックが作ったまま飾ってあり、翌日また続きから遊べるようになっているところを目にした時に、
子ども達に寄り添った保育を行っていることが伝わってきまし、何よりも温かい雰囲気を感じました。

当日、子ども達はいませんでしたが、子ども達が遊んでいる様子が想像できたことが
私の心の中の気持ちを大きく動かしました。

採用の方からお話をきいた時、一番印象に残っているのは、乳幼児期の関わりによって
子どもがどんな大人になるかが決まってしまうというお話があり、保育の重要性を改めて感じました。

とにかく、会社の「本気度」を感じたのが、その当時の印象です。

マ:本気度!身の引き締まる思いですね!
ところで、配属先が新園とお聞きして、どうでしたか?

園:正直、また新園に携わることに戸惑いはありました。というのも、前職では新園の開設にあたり
事前に何も準備されておらず、園長がまずネットを接続するところからスタートでした(笑)
そこから事務用品をアスクルなどで発注して、備品や消耗品を揃えていくという形でした。

でも、グローバルキッズでは、すでに事務用品等、必要なものは用意されていましたし、その他、用意するものもリスト化されて
本部の方が一緒に準備もしてくれたり、一緒に買い出しにもいきました。

2月の後半からスタートし、数回、開園準備を行いました。
また、2月に内定者懇親会で、4月からスタートするメンバーと交流する機会もあり、
LINEの連絡先を交換し、開園前から連絡を取り合うことができました。
今時だな~と感じました(笑)

最初は開園準備が間に合うのかなと不安でしたが、本社の方々のサポートがあり
無事に入園式を迎えることができました。

マ:準備もできて、いよいよ開園!
開園した4月以降はどうでしたか?

園:開園するまでが非常に心配だったのですが、4月以降は職員や保護者の方にも恵まれて
大きなトラブルもなく、ここまでやってこれました。
ただ、やはり保育の部分を整えるのは大変ですね。

今までやってきたやり方が当然あるでしょうから、皆さんにお任せしつつも
子ども達を見ながら、「ちょっとここは変えてみようか」と話し合いながら進めています。

マ:話し合いは大事ですよね。
実際入ってみて、採用の時に説明を受けた会社の方針とのずれなどはいかがでしょうか?

園:みんな会社の説明を聞いて、魅力を感じて入社しているので、あまりズレはなかったと思います。
一致している点として、「ひとりひとりと丁寧に関わっていきたい、大事にしていきたい」という点と
「子ども達のやりたい!と思っていることを思う存分やらせてあげたい」ということです。
八広園ではみんながこの2点を特に大切にしていきたいと思っています。

実際にどうやったら、理想の保育ができるかはまだ模索中です。
みんなで成長していきながら、達成していきたいと考えています。

新しいことにチャレンジすることは大変です。
今までの、大人の時間に合わせて保育をやったほうがラクかもしれません。
でも、せっかく新園にきたので、こういう保育がやりたかったんだ!という
職員ひとりひとりの想いを大事にしたいです。

マ:園長先生の温かさを感じるお話ですね。
ちなみに、グローバルキッズの良いところはどんな所だと思いますか?

園:職員を大切にしているところです。
前職ではグループ園が4園ありましたが、よっぽどのことがない限り、園のことは全て園長が対応するという形で
会社との関わりはほとんどなかったです。

グローバルキッズでは、行政の対応や入園前の説明会、書類の提出なども本社の方が全てフォローしてくれるので、
園長自身も業務がかなり軽減されているなと感じています。
また、帳票類やマニュアルも全て管理されているところが、素晴らしいですね。

また、GKアプリでは他の園の制作やイベントのことが掲載されていて、
これやりたい!と思えることも多いですね。
ランチバイキングとかぜひやってみたいです!

HPに書いてあったことはホントなんだって思いました(笑)

ホントに良いところだらけだと思います!

マ:そう感じてもらえてうれしいです!
職員の方の残業はどうでしょうか?

園:残業になることはどうしてもありますね。延長保育だったり、書類が残ってしまったりと。
前職の慣習で持ち帰ってしまう先生もいましたが、しっかりと業務中に終わらせて
残業代はつけるようにしています。

マ:なるほど。八広園は職員の方の雰囲気がかなりいいですが、なぜなんでしょうか?

園:なんでなんでしょう(笑)みんな人がいいからというのと、前職で人間関係に悩んできた方が
多いので、コミュニケーションを意識的に取って、それぞれが良い雰囲気作りをしていることが
仲の良さに繋がっているのではと思います。

マ:そういった背景から仲の良い雰囲気が作られていくんですね。
今後やってみたいことはなんでしょうか?

園:チームブックはやってみたいですね。
本当は1~2月でやりたかったのですが、なかなか取り掛かれず、
5月以降でじっくり園の方針などを職員で話し合っていきたいと思っています。

園の基盤となる大事なことなので、より職員の方も明確に理解できるのではと感じているので
早くやりたいですね。

※チームブックは正職員もパートタイマー職員も、給食の先生もみんなが集まって、
園の「保育目標」や「保育方針」をつくり、自分たちの考えで園を運営していくことを目指した独自の取り組みです。

マ:より働きやすく、より良い園にしたい!その気持ちはきっと、子どもにも伝わりますね。
最後に求職者の方へメッセージをお願いします。

園:きっと、皆さん、子ども達との関わりの中で大切にしたいことは一緒だと思います。
ただ、所属した会社や園の方針で自分のやりたい保育ができないことは多いと思います。

でも、グローバルキッズでは「子どもを中心として丁寧に関わっていこう」という方針のもと各園がそれを実践しているので
本当にやりたかった子どもを中心とした保育が実現できると思います!
きっと転職してよかったと思える環境が待っていると思いますよ。


園の職員の方とパシャリ★

まだまだ、2020年4月ならびに年度途中入社の方お待ちしております!
本サイトよりエントリーした方は園見学の際は交通費補助もあります!

保育士新卒の方⇒こちら
保育士・調理職・看護、学童中途・パート⇒こちら

グローバルキッズ八広園⇒こちら

採用情報はこちら