グローバルキッズ 求人・採用サイト

【戸越園】勝てないものがあったらどうするか?

2020.1.28.

こんにちは。人財採用部の松元です。
新型肺炎やらインフルエンザやらで感染症の話題が多くて心配ですね。

2月には節分もあるので、悪い気を払っていきたいです。

さて、本日、グローバルキッズ戸越園に訪問する予定がありましたので、そちらのレポートを
お届けしたいと思います。

戸越園は大通り沿いにある園で、外からみたら保育園とは気づきにくいですが、
中に入ると、びっくりする空間が広がっています。

例えば・・・・

園の中にちょっとしたジャングルジムがあるのがびっくりしました!
子どもだけでなく、たまに保護者の方も遊んでいくというのをお聞きし、園と保護者の方の関係性の良さを感じることができました★

こちらは運動会で使用したものらしいのですが、乳児さんのお部屋の前に飾られていました。
この蛇の口のところに、子どもたちが頭をあてて、噛まれているような仕草をするそうです!

喜びながら、頭を当てているということと、この蛇は職員の方が手作りしたとのことで、かなり制作が得意な方がいらっしゃるようです。

そして、さらにびっくりしたのが、このオニ!!
これも手作り。
グローバルキッズの多くの園が本部職員がオニ役を行いますが、戸越園は現場の職員の方がやるそうです。

園長先生いわく、倒そうとしても倒れないものがあったときに、どんな対処をするか子ども達に経験してほしいという想いがあるようです。

これは大人になっても一緒だなと思いました。
どうしても倒せないもの、勝てないものがあったとき、一人で立ち向かうか、逃げ出すのか、周りに相談するのか。

その時の状況によりますが、なんとか解決しようとする力が、グローバルキッズが育てたいと思う、豊かに生きる力であり、輝いた大人のひとつの姿だと
感じました。

ちなみに、今日は都心もかなり寒かったですが、園長先生がお茶とチョコレートを用意してくれて
かなり身も心も温まりました。

こういった園長先生の思いやりは職員の方にも伝わっているようで、どの職員の方も「こんにちは~」と挨拶をしてくれて
快く採用活動に協力していただきました。

来週、2月3日はいよいよ節分の日。

厄除けをしていい年としていきたいですね。

皆様、お体ご自愛下さい。

まだまだ、2020年4月ならびに年度途中入社の方お待ちしております!
本サイトよりエントリーした方は園見学の際は交通費補助もあります!

保育士新卒の方⇒こちら
保育士・調理職・看護、学童中途・パート⇒こちら

グローバルキッズ戸越園⇒こちら

採用情報はこちら