グローバルキッズ 求人・採用サイト

【白根保育園】毎日は“楽しい”の積み重ね

2020.1.10.

こんにちは。人財採用部の松元です。2020年の年明けは皆様、どのようにお過ごしされたでしょうか?
採用部の中には、年末年始にインフルになった佐〇木以外はみんな元気だったようです。

健康の大事さを感じた年明けだったと語っていました。
皆様もお身体崩されませんように。

さて、今回はグローバルキッズ白根保育園で取材をしてきました。


JR相鉄線鶴ヶ峰駅から相鉄バスで約5分、白根小学校前のバス亭のすぐそばにある2階建ての白根保育園。
ホールや園庭もある広々とした園内に、自然豊かな環境はじっくり保育するのにぴったりです。

もっとも大切にしていることは、子どもも大人も楽しい保育。
大人の指示に子どもたちが従う大人主導の保育よりも、子どもたちに合わせて、
どうやって皆が楽しく過ごせるのかに主眼を置いています。
ですので保育スタイルは、子どもたちが発したサインを読み取って、
それによってその日の活動を変えるなど、臨機応変。
その子がいまどうしたいのか、なぜみんなと同じことをやりたくないのかなど、
自分の思いを伝えている子には保育士が一人ついて話を聞いてあげ、その思いを満たしてあげます。

朝と夕は合同保育を実施。カリキュラムで取り入れるのではなく、
自然に異年齢の子と接する機会を作っています。
3,4,5歳児のクラスは一緒に製作をしたり食育にも係わり、園庭にある畑で、苗の植え付け、雑草とり、水やり、収穫までを
一緒に体験。収穫後は自宅に持ち帰ってそれぞれが楽しみます。

外部からゲストを招き、本の読み聞かせをしたり、幼児クラスは本社から月2回ネイティブの英語講師が来て、
英語と表現力を楽しく学びます。

近所の園とリズム遊びを共同で行い、水遊びをしたり一緒に遊んだりと他園の子どもたちと交流も活発です。

園近隣には大きな公園が数多く点在しているので、天気の良い日はほぼ毎日、お散歩に行き公園で遊んで、2時間くらい戸外で活動します。

今後はリズムでの体幹力の向上にも力を入れていき、“楽しい”の積み重ねで結果的に体幹が鍛えられることを目指しています。

園長先生は教諭を7年経験し、結婚出産を経て同じ幼稚園に復帰、合計14年。
うち7年間を主任としてを幼稚園に勤務し、その後公立の保育園を経て、白根保育園立ち上げ時グローバルキッズに入社した園長。

保育士、主任1年、副施設長、園長と順調にキャリアアップさせてきました。株式会社であるグローバルキッズに転職した理由はなんだったのでしょうか。

「まず“子どもたちの未来のために”という会社の理念に強く惹かれて入社を決めました。
子どもたちのことを思って保育をする、子どもたちのためにいろいろやってみようという会社の姿勢に感銘しました。
公立ですといろいろな制約がありましたが、ざまざまな子どもたちがいて、ざまざまな保育士がいることを踏まえ、
自由にやりたい保育をやらせてくれる経営方針は非常に魅力的でした」

実際に公立の園との違いはあったのでしょうか。
「白根園は1クラスの子どもたちの人数が少なく、子どもたちと密接に係われます。
各学年の子どもたちが同じお友達と一緒に兄弟のように成長でき、深い関係を築くことができるのが魅力ですね。
小人数だと子どもたち、先生同士もお互いをよく理解し合えて、とくに子どもたちは時にはけんかもすることもあるけど、人間関係を学ぶ大切な時間だと思います」
保育士にとっても、子どもたち全員に目行き届き、ひとり一人にかけられる時間的余裕もあるのはありがたいこと。納得のいく保育ができる環境です。

子どもたちがとても人懐こく笑顔にあふれていることからも、保育士さん同士の良好な関係が伺えます。
正社員は2、30代が中心、パートは40代中心の落ち着いた園です。正社員とパートの垣根が抵く、正社員だからどうということはなく、
互いに協力して色々な面に対応できるように日々仕事をしています。
職員間の風通しもよく、意見なども言いやすい環境。何かあったときには力になれる職場です。
現在、ママさん保育士9名、パパさん保育士1名も活躍中。家庭の事情などの急な欠勤、早退、遅刻など対応してくれるのも嬉しいポイント。
さらに残業はあっても月5、6時間程程度、有給休暇取得率100%。

特定の日に休みたい場合も、ほぼ希望にそうように調整してくれるため、プライベートも充実できます。

子どもたちの未来や日々の生活を一緒に見守りながら作りあげていける方、同じ保育感を共有できる方、ぜひご応募ください。

まだまだ、2020年4月ならびに年度途中入社の方お待ちしております!
本サイトよりエントリーした方は園見学の際は交通費補助もあります!

 

新卒の方⇒こちら
中途・パート⇒こちら

採用情報はこちら